任意売却事例のご紹介1

事例1 住宅ローンが支払えず、差押え通知が…

「リストラされた…、ボーナスが出ない…、給料が下がってしまった」

このような理由で、住宅ローンの返済ができずに自宅を差し押さえられてしまい、「任意売却お任せ相談室」にご相談にいらっしゃる方が増えています。 以下ではその一例として、Mさんのケースをご紹介します。

Mさんの場合

◎きっかけ
会社の業績不振によりリストラされたMさんは、収入が激減。住宅ローンが支払えない状態に。住宅ローンの滞納が続いた結果、差押さえ通知が届き、当相談室にご相談いただきました。

 

◎当相談室の対応
競売を申し立てしている都市銀行に任意売却に応じていただけるよう、すぐに交渉に入りました。

 

◎任意売却後
任意整理の道を選ばれ、毎月一定の金額(元本のみ)を債権者へ支払われています。
完済まで数年かかりますが、再出発応援資金と引越し費用を合わせた 475,000円をもとに新しい生活を歩まれています。

 

  • 事例2 債権者が複数いる
  • 事例3 競売まであと1カ月
  • 事例4 多重債務医者に・・・


→「お客さまアンケート」では肉筆のメッセージをご紹介しています。

無料相談はこちらからニンイバイキャク クロウナシTEL:0120-289-960(9:00〜18:00)メールでのお問い合わせはこちらから

ページトップへ移動