よくあるご質問

Q1. 任意売却をする場合、お金を用意する必要はあるの?

お金を用意する必要はございません。任意売却の場合、仲介手数料や抵当権抹消費用などの必要なお金が売却代金から支払われる仕組みになっておりますのでご安心下さい。

Q2. 住宅ローンを滞納した場合、なんで任意売却した方がいいの?

任意売却の場合、競売と比べて2〜3割高い金額で売却できる為、住宅ローンの残債を大幅に減らす効果が期待でき、自己破産を避けたい方にとっては有利な方法です。

Q3. 任意売却するとクレジットカードは使えなくなるの?

任意売却をする、しないに係わらず、住宅ローンなどの支払いが滞納すると、現在使用しているクレジットカードは使えなくなる可能性が高いです。
また、新しくクレジットカードを申し込んでも拒否される場合があります。

Q4. 任意売却をする場合、どのくらいの期間がかかるの?

任意売却をする場合、住宅ローンを滞納してから3〜6ヶ月後に代位弁済され、それから任意売却を開始しますので任意売却を終了するまでは3ヶ月〜1年程度時間を要します。

Q5. 代位弁済ってなに?

お客様の代わりに保証会社が住宅ローンの残債を一括して、住宅ローンを貸している金融機関に支払うことを言います。

Q6. 任意売却した後に引越し資金はでるの?

引越し資金は売却代金から捻出されます。但し、債権者の同意が必要ですので、注意が必要です。

Q7. 任意売却した後、債務整理をしたいけど、お金が無い、どうしたらいいの?

ご安心下さい。任意売却時に当社から不動産仲介手数料の最大50%を、お客様へお支払いする再出発応援資金を設けておりますので、任意売却後に弁護士さんに債務整理を依頼することが可能です。

Q8. 住宅ローン以外も借入があるけど、任意売却した後、どうすればいいの?

任意売却した後に住宅ローンとその他の借入もまとめて債務整理する事ができます。

Q9. 知り合いに弁護士がいないんだけど、相談出来ますか?

任意売却時に、弊社から無料で弁護士さんをご紹介しております。
債務整理を専門に行なっている弁護士さんですので、ご安心下さい。

Q10. 住宅ローンを組んだ時、連帯保証人がいるんだけどどうすればいいの?

任意売却をする時に、連帯保証人様の同意が必要ですので、予め連帯保証人さまに任意売却する旨、お伝え下さい。

Q11. 任意売却の相談は、平日ではないと出来ないの?

事前にご予約を頂ければ、平日の夜、土日祝日のご相談も承っております。

Q12. 住宅金融支援機構から住宅ローンを借りており、滞納してしまったどうしたら良いの?

任意売却をするという意思表示を住宅金融支援機構に伝える必要があります。
その場合、住宅金融支援機構の「任意売却に関する申出書」という用紙に、ご署名・ご捺印をして頂き、住宅金融支援機構に通知します。 用紙は、当社にて用意致します。

Q13. 税金を滞納している為、役所から自宅を差し押さえされてしまったけど任意売却はできるの?

任意売却時に役所に差し押さえの解除をしてもらう必要がありますので、お客様と一緒に役所に伺い差し押さえを解除してもらうよう交渉します。

Q13. 税金を滞納している為、役所から自宅を差し押さえされてしまったけど任意売却はできるの?

任意売却時に役所に差し押さえの解除をしてもらう必要がありますので、お客様と一緒に役所に伺い差し押さえを解除してもらうよう交渉します。

Q14. 自宅が競売になってしまったけど、任意売却はできるの?

大丈夫です。競売になったとしても任意売却は可能です。但し、競売の期間入札までに任意売却を行わなければならない為、急いでご相談下さい。

Q15. 他の任意売却を取り扱っている会社と明誠商事さんの違いは何ですか?

他の会社と違う事は大きく分けて2つございます。1つ目は任意売却する際、他の会社と比べてお手元に残る資金が大きく違ってくる事です。
当社は、不動産仲介手数料の最大50%という高額なキャッシュバックをしております。
2つ目は安心して任意売却ができるよう、無料で弁護士さんをご紹介しております。任意売却後に残ってしまった借金をまとめて解決し、前向きな気持で再出発が図れるよう協力させていただきます。

無料相談はこちらからニンイバイキャク クロウナシTEL:0120-289-960(9:00〜18:00)メールでのお問い合わせはこちらから

ページトップへ移動