任意売却とは?…仲介者(通常は不動産会社)を通して債権者と債務者が協議し、お互いが納得できる価格で不動産を売却することです。市場価格で売却でき、住宅ローンの残債も大幅に減らすことができるのが最大のメリットです。

 

 

競売とは?…住宅ローンの返済が困難になったとき、銀行などの金融機関(債権者)は、債務者の所有物件を差し押さえ、競売によって回収を図ろうとします。競売で設定される売却価格は市場価格の7〜8割程度となることが多く、安値で売却されてしまいます。

以下では、具体的なポイントごとに任意売却と競売の違いをご説明します。

任意売却と競売〜具体的な違いとは?〜

ポイント

   手元に資金が残る

×

   引越し費用がもらえる

×

   売却金額が高い

×
×

   何をしなくても手続きが進む

   近所に知られないで済む

×

   明け渡しの期日に柔軟に対応してもらえる

×


手元に資金が残る

競売と違って任意売却の場合、交渉次第で債権者に引越し費用を捻出してもらえます。なお、任意売却お任せ相談室では独自の「再出発応援資金」をご用意しております。
「再出発応援資金」をご利用いただければ、債権者の合意を得ることなくお手元に資金を残せます。


→より詳しくは「再出発応援資金とは?」をご覧ください。

 

引越し費用がもらえる

任意売却の場合、交渉次第で債権者に引越し費用を捻出してもらえますが、競売の場合、売却代金はすべて債権者への返済に充当されるため、引越し費用はもらえません。

 

売却金額が高い

一般的に、競売では市場価格に比べ2〜3割安い価格で売却されるため、多くの住宅ローン債務が残ってしまいます。一方、任意売却であれば通常の不動産取引と同様に市場相場に近い価格での売却が可能です。

 

 

何をしなくても手続きが進む

任意売却は自ら行動を起こさなければいけませんが、競売は何をしなくても手続きが進んでいきます。

 

 

近所に知られないで済む

競売になると新聞やインターネットに情報が掲載されるため、近所の人に知られるおそれがあります。一方、任意売却の販売方法は、一般の物件と同じように所有者が任意で売却するため、住宅ローンが破綻したことや債務に苦しんでいることを周囲に知られる心配がありません。

 

 

明け渡しの期日に柔軟に対応してもらえる

競売で落札された場合、即刻、立ち退きを要求されることがありますが、任意売却では住宅の明け渡し期日について柔軟に対応してもらえます。

 

任意売却のススメ

任意売却にはたくさんのメリットがあることがお分かりいただけましたでしょうか?

競売は自ら動かなくても、手続きが進んでいきます。これに対し、任意売却は自らアクションを起こさなければなりませんが、自ら動くことで新しい生活を始めるための大事なステップになることと思います。

当相談室も全力でサポートさせていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

無料相談はこちらからニンイバイキャク クロウナシTEL:0120-289-960(9:00〜18:00)メールでのお問い合わせはこちらから

ページトップへ移動